胡蝶蘭・フラワーアレンジメントを全品送料無料で販売

現在選んでいる商品が入っているをカートを見る 会員ページへのログイン ご不明な点に関してのお問い合わせ 私たち宝塚アレンジについてのご紹介
こんにちは、ゲスト 様
フリーダイヤルは0120-710-017、10時から19時まで受付
 TOPページ » 胡蝶蘭が届いたら

胡蝶蘭が届いたら

お花の出会いは、偶然やってきます。
自分ではなかなか買う機会がなかった胡蝶蘭を、プレゼントとして頂いたらそれがその花との出会い・・・
出会いを大切に、花をできるだけ長く楽しみましょう。

①鉢花をじっくり楽しむ

<1番にすること>
到着した際にお花を包んでいる和紙を外します。
(和紙は輸送中の花をキズなどから防ぐために巻かれています)
茎と茎を結んでいるテープを外します。
(テープは輸送中の揺れを防ぐためのものです)
お花を彩っているラッピングですが、できれば外してください。
(水やりの際に鉢底から余分な水が出るのを妨げられ蒸れるのを防ぐためです)

<置き場所>
カーテン越しに日光があたる場所で、エアコンの風が直接当たらない場所に置いてください。
夜の温度が10度以下にならない場所が望ましいです。

<水やり>
胡蝶蘭の鉢表面の水コケではなく、胡蝶蘭の根を覆っている辺りのコケが乾いていたら、水を与えるタイミングです。
(指を入れて乾燥を確認するとわかりやすいです)
コケが乾いている場合、午前中に各株の根元にコップ1杯の水を与えてください。水を与える間隔は10日に1回程度が目安となります。
部屋が乾燥気味な場合、午前中に葉や花びらに霧吹きをしてあげてもOKです。(毎日はダメです)

<剪定>
胡蝶蘭は1ヶ月以上お花を楽しめますが、1番上のお花の花びらがシワになったり透き通ってきたりした場合は、早目にその花を切り落としてください。
他の元気な花に養分が行き渡り、お花が長持ちします。

②切り花として楽しむ

切る時期はお花が半分くらい終わった頃に、花茎の根元から5cmくらいのところから切り落とします。切ったお花は水に挿しておけば、切り花として楽しめます。
お花がヨレヨレしてきたら、茎下を水の中で斜めに1~2cm程度切り、たらいに貼った水に1時間程度花ごとつけて置くと、みるみる回復します。
(水が冷え切らない日中に行ってください。切り取りはナイフで切るのがおすすめです)

③もう1度鉢花を楽しむ

花茎を切り取った後でも、花が咲いている時と同じように鉢の手入れを続けていると、ふたたび鉢花に花が咲きます。 ご家庭でもいただいたときと同じくらいの大きさのお花が咲く場合もあります。 ぜひ挑戦してみてください。
各季節ごとのお手入れの方法は「胡蝶蘭の上手なお手入れ」を参考にしてください。

フリーダイヤルは0120-710-017 TOPに戻る